トップ会長挨拶医師会事業計画活動内容医師会報地域包括ケア介護保険について月間行事予定医療を考える集い学校保健関連

<春夏秋冬>

発行日2018/11/10
秋田赤十字病院  下田 直威
リストに戻る
私的IT化計画
 
  もともとパソコンを導入したのは早い方だった。当時はNECのPC9801VM2。プリンター含めて一式70万円以上を月賦で支払った。まだWindowsではないMS-DOSでワープロ、表計算程度だったが、コンピューター時代の幕開け、まるで「2001年宇宙の旅」に出てくるHAL9000と対峙しているようでワクワクしたことを憶えている。
  次の革命は何といってもインターネットだろう。今はなきNetscapeで、まさにモニターの向こうにネット空間の風景が拡がっていく感じがした。今では、いろいろな情報検索やAmazon、ヤフオクなど、生活に欠かせない当たり前のものになってしまった。
  しかしだ。スマホにだけは乗り遅れていた。電車に乗れば、ほぼ皆がそれぞれの端末と対面している異様さ。ガラケーで十分。デジタル機器に支配され、SNS空間に住むような社会は如何なものかと思っていた。だいいち子供の教育上悪いかと。
  それが、平成24年初夏、職場の納涼会のクジ引きで1位になり、いただいた景品がiPad。実は初めは何に使うのかもピンときていなかった。Wi-Fiって何かも知らなかった。やがて、手軽に持ち運べる、ほぼパソコンと同等なものであることに気づくと、iPadを持ち歩かない日はなくなってしまった。さらにコンパクトにと、3年前ついにスマホデビュー。アップルがiPhoneを発売して既に8年が経っていた。
  何が凄いのか。ポケットに入る手のひらサイズの端末で、あらゆる情報にアクセスでき、きれいな写真が撮れ、メールを送り、航空機やホテルも予約でき、勝手知らずの大都会でも目的地にたどり着け、銀行振り込みや投資もできてしまう。アプリもどんどん進化している。今後はキャッシュレス化が急速に進むだろうし、ウェアラブルも普及しそうだ。
  ふと気づくと、便利なものというよりも身体の一部になってしまっている。スマホを忘れたときの不安感。完全に中毒ですな。これでは子供にしめしがつかないなあと思うと、子供たちはすでにタブレットなどを使いこなし、もっと先に行っている。AIだって実用化され、HAL9000を地で行く日も近い。
  そうか、IT進化はもう止まらない流れ。というよりも、すでにITがなければ社会も世界も成り立たなくなっている。IT弱者にはなかなか厳しい世の中となるだろう。どうすべきか。ITに支配されるのではなく、理解して使いこなしていきたい。セキュリティーの確立やサイバー攻撃への対処も重要になってくるだろう。そのためには、体系的な知識が必要。子供たちや御老人だけでなく、自分にもIT教育が欲しい。でもまあ当面独学しかないのかなあ。
 
 春夏秋冬 <私的IT化計画> から